普通のサラリーマンがアーリーリタイアを目指すということ

私は一般企業に勤める30代の普通のサラリーマンです。毎日、通勤電車に揺られて会社に通っています。

たまに、朝起きるのが辛い日があります。雨が降っている日など、「会社休みたいなぁ」と思います。それでも、生活のために、私は会社へ行き、自分のデスクに座って、仕事を始めます。

会社では、嫌なこともあります。取引先から嫌味に近いことを言われたり、良い結果を出せずに会社で肩身の狭い思いをしたこともあります。

それでも、私は会社に通い続けています。

なぜ私は会社に通い続けるのか?現在のところ、それが私にとってもっとも適した生存戦略であるからです。逆に言えば、今の私の状況では、いやいやながら現在の会社に勤めることでしか、今の生活を維持できないということなんです。

 

給与だけじゃ余裕のある生活は送れない

ふと、将来のことを考えます。自分はこのまま、定年まで今の会社に勤務し続けるのだろうか…

もし私が今の会社に勤め続けるなら、給与の限界は見えています。私は特段仕事のできる人間ではないので、どんなに出世しても課長かその一つ上くらいのポストでしょう。そうすると、年収はいいとこ800万円くらいです。

年収800万。独身なら悠々自適に暮らせますが、家族がいれば、はっきり言ってカツカツです。養育費、教育費、住宅ローン、その他諸々の出費。決して余裕のある生活とは言えないでしょう。

きっと、現代日本において、給与収入だけで一家を支えていくならば、定年まで住宅ローンを払い続けて、退職金で残ったローンを払ってやっと終わりです。

子供を育てながら、住宅ローンのための毎日通勤電車で会社に通う毎日。そんな生活、誰が好んで選ぶでしょうか

しかし実際には、給与収入に縛られながら、住宅ローンを返し続けるお父さんたちはたくさんいます。それは、ひとつの生き方です。決して否定はしません。

家族のために必死に頑張る一家の大黒柱に対して、私は尊敬の念をもっています。しかし、正直に言って、できれば私はそういう人生のルートは歩みたくはないと思っています。

 

「住宅ローンと家族のために働く人生」から逃れるためには?

もし、私が「住宅ローンと家族のために働く人生」を送りたくないとすれば、どうすればいいのでしょうか。

その答えは、幸せな家庭を捨てるか、あるいは収入を増やすか、です。

独身貴族で悠々自適に暮らすのであれば、それほど縛られずに余裕のある生活を送れるかもしれません。しかし、家族を養うとすれば別です。私は、妻と子供と、幸せに人生を歩んでいきたいです。そうすると、「収入を増やす」ということしかなくなってくるわけですね。

それでは、収入を増やすにはどうしたらいいのか。

出世して給料を上げる?ははは、論外です。前述したように、出世しても年収800万が良いところ。転職したとしても、年収を上げるとすれば、相当なハードワークが求められるでしょう。ワークライフバランスを崩しかねず、それこそ家庭の平和を壊す可能性があります。

「給与を上げる」のには限界があります。それは、給与が労働の対価だからです。

私たちには、1日24時間しか与えられていません。その中で、提供できる労働力というのは限界があります。

超専門的スキルを持ち、年収2000万の給料をもらえる人は別です。ここでは、一般的なサラリーマンや自営業者を想定しています。

給与が上げられないのなら、普通のサラリーマンはどうやって収入を上げればいいのか。そこで私が挑戦しているのが、「資産運用」です。

 

普通のサラリーマンがアーリーリタイアを目指すということ

普通のサラリーマンがアーリーリタイアを目指すのは、至難の業です。

もしあなたが年収2000万などの高給取りであるならば、働き盛りに思い切り働いて、資産を形成してそれを運用していけばいいので、割と現実的です。

しかし、私は平凡なサラリーマンであり、資産形成は給与の中から捻出するしかありません。厳しいですが、仕方のないことです。

普通のサラリーマンが資産形成をするとなると、頼れるのは複利効果です。複利効果は雪だるま式に資産が増えていくということです。(投資で資産100倍などの一発を当てるのは、再現性が低いのでここでは記述していません)

例えば、30歳で1000万円を年利7%で運用した場合と、40歳で1000万円を年利7%で投資した場合を比較してみましょう。

  • 30歳で1000万投資すると、50歳時点で約3869万になります(20年運用)
  • 40歳で1000万投資すると、50歳時点で約1967万になります(10年運用)

このように、運用期間が長いほど、投資というのは効果を発揮していきます。数年に一度、リーマンショックなどの大暴落がありますが、長期で運用していれば、結果的にプラスになっていることは、これまでの歴史が証明しています。

もし、あなたが資産形成を目指しているのであれば、今すぐにでも投資をするべきでしょう。

私はまだ30代ですが、なんとか資産1000万円は超えています。アーリーリタイアを視野に入れるには、最低でも1億円は必要になってくるでしょう。(1億円では、はっきり言ってアーリーリタイアは難しいですが、まずは一つのベンチマークとして)

まずはこの1億円を目標にして、資産運用をやっています。

 

 

このブログの意義と目的

このブログは、普通のサラリーマンが資産運用などで収入を増やし、アーリーリタイアを達成するまでの軌跡を記録することが主な目的です。

大損したり、運用失敗する姿を見て楽しむもよし、自分の資産運用の参考にするもよし。

ただ、私の希望としては、同じようにアーリーリタイアを望んだり、収入を増やしたいと思っている普通のサラリーマンの方の参考になるようなブログを目指したいと思っています。

私が実際に投資してみた結果、感想、注意すべきポイントなど、実体験に基づいて、リアルに詳細に書いていきたいと思います。

 

アーリーリタイアは、遊んで暮らすということじゃない

私はアーリーリタイアを「仕事をせずに、ダラダラのんびり過ごすこと」とは思っていません。

むしろ、「自分の好きな時に、好きな仕事をできる環境を作ることが、アーリーリタイア」だと思っています。

会社に縛られ、不快な通勤電車に乗り、嫌な上司の元でやりたくもない仕事を生活のためにやらざるを得ない…そういう状況を打破するのが、経済的自由の獲得であり、アーリーリタイアだと思っています。

私は働くことが嫌いではありません。仕事は、人生を豊かにするひとつの要素だとさえ思っています。

だからこそ、アーリーリタイアできるほどの経済的な地盤をしっかりと、具体的には不労所得で暮らしていけるほどの自動的な収入源を確保して、生活に縛られない仕事をやっていきたいと思っています。

資産運用でアーリーリタイアを目指しています。不労所得年間500万がとりあえずの目標です。日本株・外国株・仮想通貨・ロボットアドバイザー投資で運用中!
========================================================================

◆これから仮想通貨を始める方にオススメ
これから仮想通貨を始めるなら、国内取引所で一番多くの通貨種類を扱うコインチェックがオススメです。
デザインもオシャレで使いやすい!口座開設は以下のリンクからどうぞ!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin



◆ビックカメラの支払いに対応
ビックカメラではビットコイン支払いができます。ビットコインの支払いにはビットフライヤーがオススメです。
ビックカメラがビットフライヤーのシステムを使用しているため、ビットフライヤーのウォレットだと最もスムーズです!口座開設は以下のリンクからどうぞ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



◆まだ知名度の低いアルトコインを取引するなら?
まだ知名度の低いアルトコインや新興ICO通貨を取引するならHitBTCがオススメです!
登録も簡単!これから輝きだす原石を見つけましょう。


========================================================================
Donate(BTC):19iW8xkK87T1PsW1HQZbNSu1ay8ngQWhfK
Donate(ETH):0x4572db2607c4e3103eb7312fa070fb922af9fa48
Donate(XRP):rw3FabJm9EuwAMEU9Mdb16ZiTMahSQ79ja
========================================================================

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。