米SECがICO詐欺を告発!「人材雇用も調達金額もビジネス自体も嘘だった」

アメリカのSECがICO詐欺で企業2社と創業者を告発した、とプレスリリースで発表しました。

Coindeskの記事によると、この2社はプロジェクトのための仮想通貨を販売しましたが、その実態としては人材を雇っていなかったり、そもそもビジネスを運営していなかったと報告されています。

RECOin

SECによると、RECOinのICOは、不動産への投資資金を調達すると言われていたという。

創業者のザツラフスキーはRECOinに “弁護士、専門家、ブローカー、会計士のチーム”があると投資家に語ったが、SECはRECOinがこれらの人材を雇っていないと主張している。

さらに同氏は、同社が「2百万ドルから4百万ドル」を調達したが、実際には30万ドルしか調達していないと主張していた、と規制当局は言った。

引用:SEC Charges ICO: US Agency Takes Action Against Alleged Token Scammer

RECOinは架空のチームと調達金額の嘘です。

 

DRC World

SECによると、DRC Worldはダイヤモンドに投資し、投資家に製品の割引を提供すると宣伝したが、同社はダイヤモンドに投資したり、ビジネスを営んでいなかった

引用:SEC Charges ICO: US Agency Takes Action Against Alleged Token Scammer

DRC Worldはそもそもが全くの架空のプロジェクトだったようです。

 

2つのICOを実施したザツラフスキーの資産は、裁判所命令で凍結されました。

SECは、2つのICOで調達した資金の返却を指示し、調査はまだ継続しているようです。

 

個人的には、こうした権力的な組織がICO詐欺を取り締まっていくのは大賛成です。

非中央集権的なモデルには反しているのかもしれませんが、架空の事実をホワイトペーパーに謳って何億もの資金を調達するのは、完全に詐欺ですからね。規制とかそういう話とは全く別物の話だと思っています。

米国はこういうところがしっかりしているから、多くのICOではアメリカ国籍を保有する投資家は参加禁止だったりするんですね。

 

中国では、最近ICOが全面禁止になりましたね。界隈にも大きな衝撃が走り、仮想通貨全体が乱高下しました。

中国、ICOを全面禁止――「金融詐欺、ネズミ講」と強く非難

 

ICO詐欺が横行して、仮想通貨全体にネガティブなイメージが植えつけられるのは、仮想通貨の隆盛にきっとく良くないでしょう。

各国の規制当局も、ICO詐欺の取り締まりを期待します。

 

資産運用でアーリーリタイアを目指しています。不労所得年間500万がとりあえずの目標です。日本株・外国株・仮想通貨・ロボットアドバイザー投資で運用中!

スポンサーリンク

オススメ記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。